2010年04月30日

負けられない戦い

木曜日(祝日)の出来事
緋彩「こんな朝早くに何処に出かける気ですか?」
緋月「旅費を稼ぎに」
緋彩「馬鹿ですか、旅費を飛ばすつもりですか!?」
緋月「男には負けると分かっていても勝負しないといけない時があるんだよ!」
緋彩「思いっきり愚者の考えですから!」
緋月「正直な話、友人に連れ打ちしようと誘われたのさ」
緋彩「断りなさいよ」
緋月「強制らしい、断ったら友人宅に拉致監禁されそうになった」
緋彩「ご愁傷様としかいいようがないのですが、大丈夫なのですか?」
緋月「一応下見したのはいいのだが」
緋彩「連れ打ちということは同じ機種をですよね?」
緋月「そうなんだが、明らかに死亡フラグ立てているな」
緋彩「だから止めなさいってば」
緋月「最悪友人から借金して難を逃れようと」
緋彩「むしろ打つな!」
緋月「そろそろ電波圏外のエリアに入るから切るぞ」
緋彩「生きて帰ってきなさいよ」
緋月「善処する、プツッ」
緋彩「・・・・結果は明日聞こうかな」
本日(夜)
緋彩「何か釈明することはありますか?」
緋月「何もない、俺が悪かった」
緋彩「分かっているなら宜しい、で連れ打ちの結果は?」
緋月「友人に仕事が入り中止となった」
緋彩「それは良かったじゃないですか」
緋月「連絡受けたのが開店の並びに参加しているときだったのよ」
緋彩「・・・一つ確認しますが打ちませんでしたよね?」
緋月「そこまで待って何もせずに帰れるかよ!」
緋彩「この大馬鹿者!!」
緋月「ハイ、スイマセン」
緋彩「仕方ないですね、それで私は幾ら貸せばいいのですか?」
緋月「何で?」
緋彩「どうせボロクソに負けて旅費がピンチなのでしょ?」
緋月「いやそこまで気を使わなくてもいいから」
緋彩「他の方々に迷惑をかける位なら貸しますよ」
緋月「むしろ何で負けたこと前提で話が進んでいるんだ?」
緋彩「ハイ?」
緋月「一応稼いだぞ、+15,000円ほど」
緋彩「貴方もしかして背水の陣でしたか?」
緋月「だな、正直残っていたのは生活費だから」
緋彩「相変わらず土壇場の引きだけは突出していますね」
緋月「友人たちにも同じこと言われたな、だけどこれで何とかなりそうだ」
緋彩「いい加減旅行前にギャンブルするの止めたらどうですか?」
緋月「正直負けられない戦いは俺も嫌だ、怖がりながら打つのは性に合わん」
緋彩「じゃあ何故今回行ったのですか?」
緋月「あそこまで行ったらもう後には引けん」
緋彩「呆れるしかありませんね」
緋月「結果オーライだからいいだろ」
緋彩「結果論に興味はありません、過程を重視してください」
緋月「しばらくは自重するさ、流石に今の状態でさらにギャンブルする気はないさ」
緋彩「そうしてください、それでは旅行でのネタを期待していますよ」
緋月「なかった場合は?」
緋彩「そうですね、・・・暴虐?」
緋月「何でそこでその単語が出てくるんだよ!?」
緋彩「どうせ新幹線の時間は余裕を見ているのでしょ?」
緋月「過去の事例があるからな」
緋彩「なら意地でも探しなさい、むしろ作れ」
緋月「それは幾らなんでも無茶だ!」
緋彩「知ったこっちゃありません」
緋月「ひでぇー」
緋彩「それでは私は疲れたので失礼します」
緋月「言うことだけ言って去るのかよ」
緋彩「言う以外に出来ませんから、それではまた後日」
緋月「期待はするなよ・・・」
posted by 緋彩 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

3ヶ月の空白

緋彩「3カ月ぶりに日記を書きます!」
緋月「いや、力を入れて宣言しないでもいいから」
緋彩「実際連絡付かなかった貴方にも問題があるのですよ」
緋月「携帯壊れたんだから仕方ないだろ」
緋彩「代替品があるじゃないですか」
緋月「データの取り出し不可だから電話帳すら消えたさ」
緋彩「でも意外ですね、貴方の携帯は異常な頑丈さを誇ると思ったのですが」
緋月「何で異常さ?」
緋彩「過去を思い返しなさい、貴方がどれだけ非道なことをしていたか」
緋月「階段から落下5回、コンクリ落下数十回とかかな」
緋彩「本当によく壊れませんね」
緋月「もう一台前のほうがよっぽど異常だったと思うがな」
緋彩「自転車で転んだ拍子に投げ出され電柱に衝突」
緋月「雨の日にコンクリに落とし更に蹴り水溜りにポチャン」
緋彩「本当に何故全く壊れなかったのか不思議ですよね」
緋月「友人にはお前の携帯はGショックかと言われていたな」
緋彩「で今回壊れた原因は?」
緋月「机から落とした、下はタイル」
緋彩「うわ、弱!」
緋月「まぁ今までのことを考えると確かにな」
緋彩「こちらから連絡しても第一声が誰?は何だと思いましたよ」
緋月「電話帳消えたから誰から来たのか全く分からないんだよ!」
緋彩「ご愁傷様です」
緋月「そういうお前は3か月一体何をしていたんだよ」
緋彩「1月はPS3のアルトネリコ3を5日でクリアしたり」
緋月「RPGをその短期間でクリアとかどんだけ暇だったんだよ」
緋彩「5連休強制休暇命じられましたからね、おかげで後が大変でした」
緋月「じゃあ2月は何をしていたのさ?」
緋彩「上旬は暇な事務所も忙しくなりますから、それと中旬に事件です」
緋月「俺は知っているからいいが」
緋彩「暇な事務所から一転また忙しい事務所に異動ですから」
緋月「だが前の事務所じゃないのだろ?」
緋彩「えぇ、戻れと命じられたら退職届マジで出してやりますよ」
緋月「それが幸いといえばあれだがな」
緋彩「職場の雰囲気はいい感じですが初めての事務所で勝手が分からないのです」
緋月「でドタバタしていて今に至るといった感じか」
緋彩「引き継ぎと事後処理とかで前の事務所を往復していましたからね」
緋月「でやっと落ち着いた感じか?」
緋彩「流石に事務所にも慣れてきましたね」
緋月「まぁ仕事の愚痴が出ないなら平和なんだろうな」
緋彩「では恒例となりました緋月のネタコーナー♪」
緋月「待たんかい!いつの間にんなコーナーが出来たんだよ!!」
緋彩「たった今」
緋月「だよな・・・、けどネタなんてもう忘れたぞ」
緋彩「チッ、やっぱり期間が長すぎましたか」
緋月「覚えているので疲労でボーとしてトイレに入ったら女子トイレだったとか」
緋彩「キャァァーーとか」
緋月「ギャァァァーーとかいうハプニングは全くなかったからな!」
緋彩「つまらない、何故その時中に誰もいなかったのでしょう」
緋月「日頃の行いがいいからさ」
緋彩「女子トイレに堂々と侵入している人物が何をほざいているのですか」
緋月「・・・何も言い返せねぇ」
緋彩「で誰かに見られていたんですよね、勿論」
緋月「不幸中の幸いか丁度誰も廊下にいなかったから助かったさ」
緋彩「チッ、面白くない」
緋月「将来に関わるんだから見られていたら洒落にならんだろうが!」
緋彩「その前に女子トイレに入ること自体がおかしいでしょうが!」
緋月「だから間違えて入ったつってるだろーが!」
緋彩「開き直っているんじゃないですよ」
緋月「ハイ、スイマセン」
緋彩「それで他に覚えているネタはないと」
緋月「パッとは出てこないな」
緋彩「なら話を変えます、GWの予定は?」
緋月「仕事」
緋彩「・・・嘘だ!」
緋月「いやマジで、システムの切り替え作業で機械の担当は出勤」
緋彩「それじゃGW恒例のあれは?」
緋月「この間連絡貰って出ることにはしたな、休みの日と重なったから」
緋彩「では私の分まで頑張ってください、色々と楽しい報告を待っています」
緋月「お前にとって楽しい報告は俺にとって苦い報告だろうな」
緋彩「当然です、それではこれでお開きにしましょう」
緋月「ほいほい、また後でな」
posted by 緋彩 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。