2009年10月25日

奇跡の生還

緋月「更新一ヶ月ストップはどうしたものかと俺は思うのだが」
緋彩「仕方ありませんよ、今の状況把握していますよね?」
緋月「いや、つーか対話自体久しぶりな気がするのだが」
緋彩「何気に最近忙しさが上がってきましたからね」
緋月「まぁそれだけ仕事自体に慣れてきたともいえるがな」
緋彩「それでは現在の状況を説明しましょう」
緋月「まぁどうせロクでもないことだろうけど」
緋彩「PCが逝かれました」
緋月「んなアホな!HDD交換してまだ半年だろうが!」
緋彩「事実です、恐らく逝かれたのはまたHDDだと思いますけど」
緋月「えっと保障は?」
緋彩「格安でしたので保障対象外のを選んでいます、それよりもデータ返せ」
緋月「俺に言うな!」
緋彩「壊れる前に友人からPC壊れたと報告来たのですがフラグでした」
緋月「段々お前もネタ体質になってきたな・・・」
緋彩「認めたくはありませんが、実はまだ続きがあるのです」
緋月「早速修理でもしたのか?」
緋彩「3週間ほど放置させてもらいました」
緋月「早く直せよ!」
緋彩「どうせ半年分のデータ、バックアップなんて取っていませんから急いでも」
緋月「いや、確かにそうだが・・・」
緋彩「先日気まぐれでPCの電源入れてみたんですよ」
緋月「壊れているなら無駄な行為だろ?」
緋彩「奇跡的に起動しました」
緋月「還ってくるのかよ!?」
緋彩「久しぶりに感動しました、急いで退避作業しましたけど」
緋月「いつまた黄泉送りにされるのか分からないからな」
緋彩「その発言だとまるで私が壊しているような言い方ですね」
緋月「よくよく考えると半年で壊れるものか?」
緋彩「私も疑問ですけどウィルスとかの原因も考えられますよ」
緋月「あれに関しては対策ソフト入れていないと死ねるからな」
緋彩「友人は完璧ウィルスに犯されているみたいです、症状聞くと」
緋月「そうなると諦めるしかないな、OS入れ替えるとか」
緋彩「データは完全に諦めるよう言いましたけど諦めつかないそうです」
緋月「お前速攻で諦めたよな」
緋彩「戻ってこないものを取り戻せるはず無いでしょう」
緋月「現実主義というかなんつーか」
緋彩「流石に今回は悪あがきしてみようかと思いましたね」
緋月「半年で壊れるとなるとそう思いたくもなるわな」
緋彩「そういうことです、そういえば貴方はこの期間何かありました?」
緋月「まぁ身内ネタとか色々とショックな出来事がな」
緋彩「ふーん、語れ」
緋月「スゲー冷めた物言いだな」
緋彩「どうでもいいような感じがしてきましたから」
緋月「まぁいいが、取り合えずこれを見ろ」
緋彩「ふむふむ、健康診断結果通知表ですか・・・」
緋月「沈黙する理由は大体察するさ」
緋彩「肥満度が相変わらずマイナス値の26%なのも驚きますけど」
緋月「俺の場合肥満度がプラス値にいくことあるのか疑問だが」
緋彩「最後の病名:痩せ過ぎはどういう意味ですか?」
緋月「下に小さく書いているだろ、生活上の注意すべきことと」
緋彩「痩せている事にどうやって注意しろと言っているのでしょうね」
緋月「喰えということだろ、むしろ今ですらかなり喰っているんだが」
緋彩「食欲の秋を実証していますよね、でも全く太りませんね」
緋月「体質だろうな、以前なんて喰っただけ痩せた時期もあったな」
緋彩「女性の敵ですね」
緋月「知っているさ、同僚の女性に通知見せて下の欄見られた時に言われた」
緋彩「何と?」
緋月「ザマーとだな、まぁいつものことさ」
緋彩「痩せ過ぎも悩みものですね」
緋月「身体が軽くて結構便利だと思っているが、体力低下が早すぎる」
緋彩「それでは戻って退避作業進めますのでここら辺で終わりましょう」
緋月「そんなに移すもの多いのか?」
緋彩「音楽ファイルだけでDVD5枚ほど消費しましたから」
緋月「お前幾らなんでもそれは集めすぎだろ・・・」
緋彩「私も予想外です、それではまた後で」
緋月「あいよ、取り合えず頑張れー」
posted by 緋彩 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。