2010年06月18日

体調管理は万全に

緋彩「・・・・」
緋月「無言で片手挙げられても伝わらんぞ」
緋彩「の・・・し・でい・・・すよ」
緋月「体調悪いのは理解できた。だが何故来たのかは分からん」
緋彩「ん・・・」
緋月「アクエリアスか?」
緋彩「・・・(コクコク)」
緋月「構わんよ、まだ段ボール3箱分はあるから」
緋彩「ゴクゴクゴク」
緋月「というか何で喉を壊したんだよ」
緋彩「ふぅ、少し楽になった。多分エアコンでしょうね」
緋月「どんだけ弱いんだよ、お前」
緋彩「貴方だって先月終わりに風邪を引いていたじゃないですか」
緋月「あれは仕方ないんだよ、色々と重なったんだから」
緋彩「というと?」
緋月「金曜日喉と鼻がおかしいことに気づいて薬を飲んだ」
緋彩「そこで間違いがありますね」
緋月「何だよ?」
緋彩「薬に頼る時点で負けです」
緋月「次の日が田植えだったんだから薬にも頼るわ」
緋彩「風邪を引いているのに?」
緋月「叩き起こされて強制労働さ、寒かった・・・」
緋彩「確かにあの日は小雨もぱらついていましたからね」
緋月「次の日には頭痛がプラスされたわな」
緋彩「災難ですね、・・・あれ次の日貴方出掛けていませんでしたか?」
緋月「また叩き起こされて姉貴の送迎さ」
緋彩「・・・・悲惨というか何というか」
緋月「諦めていたな、あの時は何もかも」
緋彩「風邪を引いていても貴方の家族は容赦なしですね」
緋月「あそこまで扱き使われるとは思わなかったな」
緋彩「ご愁傷様」
緋月「しかし今の時期にエアコン使えないのはきつくないか?」
緋彩「基本、車のエアコンは私ほとんど使いませんよ」
緋月「真夏でもか?」
緋彩「窓を開けて対応します」
緋月「その根性は評価するが」
緋彩「本当に車のエアコンは苦手なんです」
緋月「そこまで喉逝かれていればな」
緋彩「仕事にも支障が出ます」
緋月「じゃあ何で今回はエアコンつけたんだよ?」
緋彩「付けないといけない状況に立たされただけです」
緋月「つまりお前の力ではどうにも出来ない付加要素か?」
緋彩「他人が暑そうにして付けられたら何も言えませんよ」
緋月「どんまい・・・」
緋彩「あと数本ほど貰っていってもいいですか?」
緋月「持って行け。俺一人であの量を飲むのは正直キツイ」
緋彩「というかどうやったら5箱分も確保できたんですか?」
緋月「裏事情につき公言出来ん」
緋彩「まぁ貰う側ですから何も言いませんけど」
緋月「そうしてくれると助かる」
緋彩「それではさようなら」
緋月「さっさと治せよー」
posted by 緋彩 at 22:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 すいません。携帯で見ているのですが何故かBBSに入れず、クエスチョンボックスは送信出来ませんと表示されました。
 後、死神の軌跡の前作は見れないのですか?
Posted by 透明さん at 2010年09月04日 20:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。